公共工事の現場において、非接触・リモート型の働き方への転換と抜本的な生産性・安定性の向上を目的として急速に『建設プロセスのDX化』がすすんでいます。

建設業向け遠隔支援システムAtlasDrive

システムを介して遠隔地同士の映像・音声をオンラインで接続します。

遠隔地同士の「発注者⇔現場」、「本社⇔現場」、「現場⇔協力会社」
といったさまざまなパイプでさまざまなシーンでの活用が期待できます。

スマートフォン等ウェアラブル端末を利用して現場映像・音声を共有し、
あたかも現場に臨場しているかのように現場状況を確認できます。

公共工事における受発注者間の遠隔臨場、本社から遠隔地の建設現場の
確認や作業指示等に有効です。

建設現場の生産性向上やDX化にご活用ください。

【活用事例】
・ドローンを活用した調査業務
・鉄筋の映像解析
・監督検査業務の省人化・非接触化
・遠隔臨場
・遠隔による安全パトロール・品質証明
・生産性向上チャレンジ工事対策